クレジットカード

マネパカードの使い方・メリット・デメリットまとめ!国際キャッシュカードよりおすすめ!

マネパカードの特徴とメリット・デメリットまとめ 国際キャッシュカードよりおすすめ

マネパカードは、日本でも海外でも使えるマルチカーレンシー対応プリペイドカードです。

マルチカーレンシーとは、複数通貨という意味でマネパカードは1枚で6通貨をチャージして現地で利用することができます。

もちろん、6通貨に対応していない国でも、事前にアメリカドルをカードをチャージしておくことで世界各国で利用することができます。

また、日本にいる時にネット上で通貨の両替をすることができるので、好きなタイミングで通貨を両替することができます。

海外キャッシュカードの中でも『マネパカード』は非常に評判が高く、僕の海外留学(フィリピン・オーストラリア)の時にも活躍しました。


マネパカードのスペック詳細

マネパカード

マネパカードスペック一覧表

名称ManepaCard(マネパカード)
発行会社マネーパートナーズ
国際ブランドMastercard
年会費無料
発行手数料無料
申し込み基準15歳以上75歳未満(与信審査なし)
対応通貨6通貨[米ドル・ユーロ・ポンド ・豪ドル・香港ドル]
両替手数料
(1通貨あたり)
→1ドル・1ユーロ…
米ドル:2.5円
ユーロ :3.0円
ポンド :4.0円
豪ドル :2.0円
香港ドル :0.35円
チャージ手数料無料
対応6通貨以外の通貨の利用にかかる手数料2%(つまり、両替手数料+2%となる)
海外ATM利用料1回約200円
・米ドル  :2米ドル/回
・ユーロ  :1.75ユーロ/回
・英ポンド :1.5ポンド/回
・豪ドル  :2.5豪ドル/回
・香港ドル :20香港ドル/回
国内ショッピング限度額1回:80万円
1日:100万円
1ヶ月:200万円
ポイント還元率海外ショッピング:1%
国内ショッピング:1%(入会の翌月末まで2%)
解約手数料無料

イチオシポイント!

☆高セキュリティで、盗難・紛失の場合も安心!

☆日本最安手数料の海外プリペイドカード!

☆世界210以上の国と地域で利用できる!

☆自分の好きなタイミングで通貨を両替しておける

☆海外だけでなく国内でも利用できる!しかも還元率1%!

マネパカードの特徴・メリット

クレジットカード高セキュリティで、不正利用防止する

マネパカードは、不正利用を防止する偽造困難なICカード搭載なので非常に高いセキュリティを持っています。

また、24時間365日対応のサポートデスクがあるので、カードの盗難・紛失に気が付いたときにはすぐに連絡すれば、その時点でカードの利用は停止・補償されます。

さらには、年会費無料でありながら「カードショッピング保険」もついているので、カードで購入した商品が破損・盗難した場合でも、保険の範囲内で補償されます。(※総額50万円まで)

対応通貨は6種類!(米ドルにチャージしておけば世界210以上の国と地域で使える)

【両替対応通貨】

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • 香港ドル

マネパカードは1枚で米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円と6種類の通貨をチャージして利用することができます。

また、6通貨がに対応していない国でも、事前に米ドルをカードにチャージしておくことでカードを利用することができます。

6通貨以外の利用には、クロスボーダー手数料(2%)を払うことになりますが、マネパカード1枚あれば、世界中どこででもお金を引き出すことができるので大変便利です。

海外プリペイドカード最安の両替手数料!

各1通貨あたり(1通貨=1ドル、1ユーロ、1ポンド…)
米ドル2.5円
ユーロ3.0円
ポンド4.0円
豪ドル2.0円
香港ドル0.35円

通貨両替手数料は上記の通り規定されています。大体1〜2%の両替手数です。

他社の国際キャッシュカードの両替手数料は大体3~5%が相場です。

そして一般的なクレジットカードの海外利用手数料は1.5〜2%程度。

これだけを見ると、「クレジットカードの方が手数料が少ない場合もあるのでは?」と思うかもしれません。

しかしマネパカードはMastercardとしてショッピングをした場合には、1%のキャッシュバックがあります。

つまり、マネパカードは実質1%程度の両替手数料で海外利用できることができます。

クレジットカードのポイントを考慮しても、マネパカードは非常に安い両替手数料で利用できることになります。

与信審査なしで15歳から作れる

銀行口座を利用した国際キャッシュカードやクレジットカードと違い、マネパカードは事前に利用額を入金しておくプリペイドカードです。

与信審査が無く、日本に住む15歳から75歳未満までの方なら誰でも作ることができます。

入会金、年会費も無料で持つことができるので、高校生の方が海外留学する際に役立つこと間違いなしです。

はやや
はやや
僕も留学した時はまだ19歳でした。
他の国際キャッシュカードは申し込みが面倒でしたが、マネパカードは手続きが簡単でしたね。

プリペイドだから安心して使える

プリペイドカードは、銀行口座に連携している国際キャッシュカードとは違い事前に利用金額のみをチャージして使います。

そのため、利用する時以外はカードにお金をチャージしておかないことで、カードの使いすぎ・紛失時にも安心です。

カードへのチャージはネット上から即座にできるので手続きも簡単です。

もしカードを落としても、チャージしていなければ損害は0なので非常に安心できますね。

ネット上で自分の好きなタイミングで両替できる

ホームページ 両替

マネパカードは自分の好きなタイミングで、事前に両替レートがいい時に両替しておくことができるという優れた特徴があります。

他の国際キャッシュカードやクレジットカードは、現地で利用したタイミングのに両替レートが適応されるので、自分で両替のタイミングを測れるというのは非常に得することができます。

例えば、日本にいる時に1米ドル=100円のレートで、日本円を50,000円両替して500ドルをマネパカードにチャージしました。

アメリカを旅行する頃には1米ドル=110円にまで円安になりました。

しかし、事前に『円→米ドル』の両替していたので、現地でカードを利用しても1米ドル=100円のレートで500ドルを利用することができます。

仮に、現地で両替していたら約450ドルにしか両替できなかったので、事前に両替していたことで50ドルも得したことになります!

もちろん為替レートがどうなるのか予測は困難です。

しかし、事前に両替しておくことで為替レートに左右されない旅費や留学費用の見積もりが明確にできるので、大変優れた特徴です。

海外・国内でも利用できて還元率は常時1%!

海外・国内でも利用できて還元率は常時1%!

マネパカードは、以前までは海外でしか利用できませんでしたが、現在は国内でも利用することができます。

しかもポイント還元率は1%で、翌月に利用金額の1%がキャッシュバックされます。

ポイントはキャッシュバックで有効期限がないので、有効期限の心配やポイントの使い残しの心配なく利用できます。

さらに、入会から翌月末まではポイント還元率は2%になるので普通のクレジットカードに比べても非常優れたカードです。

マネパカードであれば事前に入金した金額以上は使えないので、海外に行かない人でも、クレジットカードの使いすぎを心配する人にとってもおすすめできます。


マネパカードのここがイマイチ!デメリット

?

事前の入金+両替+チャージの手間がかかる

入金→両替→チャージ

使いすぎ・紛失時にもチャージしている分しか無くならないというメリットのあるプリペイドカード。

しかし、事前の入金と外貨の両替、そしてカードへのチャージをしなければいけないという手間があります。

そのため海外にいて「緊急で今すぐ現地通貨が必要!」となると、即座に対応できないこともあるでしょう。

その場合は、クレジットカードの海外キャッシングのように柔軟な対応は難しいでしょう。

プリペイド式であることは、自分でお金のコントロールができるので安全性が高いとも言えますが、細かい手前を面倒と感じる人にとってはデメリットとも言えます。

2019年から新機能の「おまかせチャージ」機能が追加されました。

「フルチャージ」と「カスタムチャージ」から選べます。

「フルチャージ」だと、その時にチャージできる限度額内の最大額をチャージします。

「カスタムチャージ」だと、自分でチャージ条件とチャージ額の設定できるのでカスタムチャージの方がおすすめです。(例:残高が1,000円以下になったら2,000円チャージ等)

5種類の両替対応通貨以外は手数料が高め

両替手数料の違い

5通貨[米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル]を使える国であれば、『日本円→外貨』の両替手数料のみでカードを利用できます。

しかし、それ以外の国となると両替手数料の他にクロスボーダー手数料が2%かかります。

つまり、5通貨対応国以外での利用は、【『日本円→米ドル』の交換手数料】+ 【クロスボーダー手数料2%】で、合計約4%程度のコストがかかることになります。

カード1枚で世界210ヶ以上の国と地域で、カード利用(現地通貨引き出し、カードでショッピング)ができるメリットは大変大きいですが、できるだけ安くしたい人にとっては気になる点でしょう。

まとめ:旅行にはこれ一枚『マネパカード』!

マネパカードは海外旅行・海外留学だけでなく、国内でもマスターカードとして還元率1%のカードとして利用できる、非常に便利な国際プリペイドカードです。

改めてメリットについてまとめると

  • 高セキュリティで、不正利用防止する
  • 対応通貨は6種類!(米ドルにチャージで世界210以上の国と地域で利用可)
  • 海外プリペイドカード最安の両替手数料!
  • 与信審査が無く15歳から作れる
  • プリペイドだから安心して使える
  • ネット上で自分の好きなタイミングで両替できる
  • 海外・国内でも利用できて還元率は常時1%!

デメリットは

  • 事前の入金+両替+チャージの手間がかかる
  • 両替対応通貨5つ以外は手数料が高め

事前に両替レートがいい時を見計らって通貨を両替しておくことで、現地で両替するより非常にお得に両替ができるので大幅に節約することもできるでしょう。

入会金・発行手数料・年会費がかからず、与信審査なく15歳から持つことができるマネパカード。

海外留学を控えている方や海外旅行によく行く人は、一度作って持っていると便利ですよ。


 

海外旅行にモバイルルーターとか不便じゃない?普通に安い海外SIM使おうよ↓

海外プリペイドSIMカード『Three sim』がおすすめ!数カ国まわるヨーロッパ旅行に!
【Three sim 12GB レビュー】人気の海外プリペイドSIMは海外周遊でおすすめ!海外旅行中にスマホでネットを使うには、ポケットwi-fiをレンタルをするよりも海外用SIMカードを買うのがオススメです。 ポケット...

60%オフでJALの国内航空券をゲットできる方法↓

12歳〜25歳の人は航空券が60%OFFに!
JAL『スカイメイト』とは?12歳〜25歳の人なら航空券が60%OFFに!JALの提供するサービスに【スカイメイト】という、12〜25歳までを対象とした航空券を安く買える制度があります。 かつては22歳ま...

60%オフでANAの国内航空券をゲットできる方法↓

12歳〜25歳の人なら格安で航空券が購入できる!
ANA『スマートU25』とは?12歳〜25歳の人なら格安で航空券が購入できる!ANAの提供するサービスに【スマートU25】という、12〜25歳までを対象とした航空券を安く買える制度があります。 以前はJALと...