ANA

ファーストクラスの値段はどれくらい?ANAの路線ごと紹介します!

ファーストクラス

一般人ではなかなか利用することのできない飛行機のファーストクラス。

飛行機の種類にもよりますが、全座席うちたったの5%ほどしか占めていない超VIPな座席です。

でも、ファーストクラスっていくらか知っていますか?

この記事ではANAでファーストクラス設定のある路線ごとに、その料金を紹介しようと思います。

ファーストクラスに興味のある人はぜひみてみてください。

ANAファーストクラスと路線ごとの料金

 

どどん!

 

路線片道料金
成田=サンフランシスコ130万円
成田=ニューヨーク160万円
成田=ロサンゼルス120万円
成田=シカゴ160万円
成田=ワシントンDC150万円
成田=ヒューストン160万円
成田=ハワイ(ホノルル)110万円
 
羽田=ロサンゼルス130万円
羽田=シカゴ160万円
羽田=ニューヨーク160万円
羽田=ロンドン190万円
羽田=フランクフルト210万円

ANAファーストクラス直行便の設定がある路線を片道料金で検索して、おおよその料金を調べました。

多少の前後はありますがどの日程でも上記の料金くらいです。

検索していて気づいたのですが、往復で買うよりも片道チケットだけで買う場合はかなり割高になるようです

実際に、最初から往復で検索すると上記の片道料金で往復チケットが買えそうでした。

まあそれでも100万円は超えるんですが・・・笑

ちなみに、最も高かったのが【羽田=フランクフルト】の片道チケットで約210万円。

片道の移動に200万円ですよ・・・恐ろしいですね。

路線ごとの飛行時間{行き・帰り}

路線行き | 帰り
成田=サンフランシスコ9時間50分 | 11時間10分
成田=ニューヨーク12時間55分 | 14時間00分
成田=ロサンゼルス 10時間20分 | 11時間15分
成田=シカゴ 11時間45分 | 13時間00分
成田=ワシントンDC12時間40分 |  14時間05分
成田=ヒューストン12時間20分 | 13時間50分
成田=ハワイ(ホノルル)7時間35分 | 8時間15分
 
羽田=ロサンゼルス 10時間00分 | 12時間10分
羽田=シカゴ11時間50分 | 13時間10分
羽田=ニューヨーク 12時間55分 | 14時間00分
羽田=ロンドン12時間35分 | 11時間35分
羽田=フランクフルト12時間10分 |  11時間25分

最も飛行時間の長いものは、最も短いのはです。

行きの便で最も飛行時間の長い路線は【東京(羽田/成田)→東京】12時間55分

帰りの便で最も飛行時間の長い路線は【ワシントンDC→東京(成田)】14時間05分

やはり日本からアメリカへの路線の飛行時間が長いですね。

逆に最も飛行時間の短い路線は、ハワイ路線の行き[7時間35分]、帰り[8時間15分]でした。

ファーストクラスなら
長時間のフライトもむしろ嬉しいですね。
はやや
はやや

最も長時間ファーストクラスに乗っていられる路線はこれだ!

総合的に見て、最も長時間ファーストクラスのサービスを満喫できる路線は

【東京(成田/羽田)→ニューヨーク】

  • 片道運賃:約160万円
  • 行きの飛行時間:12時間55分
  • 帰りの飛行時間:14時間00分

行き帰り両方とも飛行時間が12時間over!

機内サービスを提供してくれるCAさんからすれば「やれやれ」って感じでかもしれません。

でも、どうせ乗るなら12時間くらいはファーストクラス乗りたいですよね!

超豪華⁈ファーストクラスのサービス内容!

値段だけ見ると「誰が払うんだよっ」てくらいすごい航空券。

そこで、そんな超高額な料金でどんなサービスが受けられるのかを紹介します。

飛行機に乗る前

ファーストクラスのサービスは機内に入る前から始まります。

専用チェックイン窓口

チェックインカウンター

空港にもよりますが、基本的にチェックインはファーストクラス専用窓口で行います。

エコノミーなら順番まで並ばなければいけませんが、いつ行ってもスッと入って手続きできます。

ファーストクラスラウンジ

ファーストクラスラウンジ

ファーストクラスに乗る人、もしくは航空会社の上級会員にしか入れないラウンジに入れます。

クレジットカードで入れるラウンジなんかとは、比べ物にならないほどのもてなしを受けることができます。

高級酒を飲みながら飛行機の搭乗時間までのんびり過ごせますよ。

飛行機に乗った後

もちろんファーストクラスの人は優先搭乗ができます。

誰よりも早く機内に入れて、ここでも待つ必要なしです。

座席シートと設備

座席シート

エコノミーなら何席分だよってくらいの広さで、ゆったり過ごせる座席シート。

正面にモニターとサイドにリモコン、席を調節するコントローラー、十分な収納スペース、等々あります。

え、本当に飛行機の中ですか?

というくらい贅沢な設備です。

アメニティ

fクラスアメニティ(引用:ANA公式

機内に入ったら専用のパジャマが用意されており、帰りには持ち帰ることもできます。

また、ファーストクラス特製アメニティポーチもあり、ちょっとしたお土産になるほど豪華なアメニティです。

2019年3月からリニューアルしたので現在は、英国のラグジュアリーブランド『グローブ・トロッター』のアメニティポーチが用意されています。

アメニティポーチ(引用:ANA公式

メルカリで結構な高値で取引されててワロタ
はやや
はやや

機内食はコース料理&高級酒

ファーストクラスで映画を見ながらステーキを食べる図

ファーストクラスの機内食は基本的にコース料理になります。

チキン or フィッシュじゃないんですよ!

むしろ 和食 or 洋食 なんです!

↓こーんな感じのメニューが渡されて

「メインディッシュはどれにいたしますか?」って聞かれます。

メニュー
シャンパンにキャビア、
時にはフォアグラまで食べれますよ。
はやや
はやや

ファーストクラスの機内食メニューはANA公式サイトで確認することができます。路線によっても提供されるメニューが異なります。

>ANAファーストクラス機内食・ドリンク<

睡眠はもちろんフルフラット

ベットメイクされた図

ファーストクラスなら、寝る時にはこんな感じにCAさんがベットメイクしてくれます。

飛行機なのにフルフラットです。

下にひくマットレスや枕は、世界的なアスリートも御用達のブランド西川の商品です。

西川(引用:ANA公式

使ったからわかる。
マットレスめっちゃいやつ!
はやや
はやや

コース料理を食べて好きなだけお酒を飲んだあとは、フルフラットで気持ちよく爆睡できます。

至れり尽くせりとはこのこと!

まとめ

以上、ファーストクラスの料金と、そのサービス内容について少し紹介してみました。

ファーストクラスは一番安い料金でも片道100万円オーバー。

一番高い路線で200万円オーバー。

いや、誰が使うねんっ!

って僕は思っちゃいますが、世の中には何も気にせず使う人がいるんですよね。

すごい世の中っすよ〜

まあ、マイルを貯めればそんな超VIP体験も意外と簡単にできることを考えると、

人生で一度くらいは乗ってみてもいいかもしれませんね!

 

 

ファーストクラス体験記その①

大学生ANAファーストクラス搭乗記2019年!マイルを使って行く【羽田→ロンドン NH211】この度ついにマイルを使ってANAファーストクラスに乗ってきました! 念願の学生のうちにファーストクラス搭乗です! 今回利用し...

 

ファーストクラス体験記その②

大学生ファーストクラス搭乗記2019年②(搭乗編)【ロサンゼルス→成田 】〜卒業式?いや、ファーストクラスでしょ〜今回は帰国編ということで、第2回ファーストクラス搭乗記の続きになります! https://hayaya-life.com/ana-...

 

ANAマイルの貯め方まとめ!

ANAマイルの貯め方について解説!マイルを貯めたい初心者は何からすればいいのか?「マイル」って、調べてみても複雑で面倒くさそうな印象ですよね。 実際にマイルを貯め始めると、徐々にその仕組みが分かるようになるので...