航空会社・旅行情報

ANA『スマートU25』とは?12歳〜25歳の人なら格安で航空券が購入できる!

12歳〜25歳の人なら格安で航空券が購入できる!

ANAの提供するサービスに【スマートU25】という、12〜25歳までを対象とした航空券を安く買える制度があります。

以前はJALと同じく【スカイメイト】というという名称でしたが、現在はリニューアルを経て名称が変わったようです。

12〜25歳までを対象とした割引サービスであることから、ANA・JAL共に同じサービス内容かと思われますが実は微妙な違いがあります。

この記事では、ANA【スマートU25】の仕組みと利用する際の手順、そして通常料金と比較してどれくらい安くなるのかを詳しく解説していきます。

12歳〜25歳の人は航空券が60%OFFに!
JAL『スカイメイト』とは?12歳〜25歳の人なら航空券が60%OFFに!JALの提供するサービスに【スカイメイト】という、12〜25歳までを対象とした航空券を安く買える制度があります。 かつては22歳ま...

【スマートU25】のサービス内容

スマートU25とは、満12歳以上26歳未満の方を対象として、出発日当日に空港にて希望便に空席があるときに限り、利用することができる特別な運賃です。

対象路線はANAの国内線全線で、国際線の利用できません。

ANAの「スマートU25」はANAマイレージ会員のみが利用できるサービスですので事前にマイレージ登録が必要です。

また、当日空港でしか購入できないJAL「スカイメイト」とは違い、ANA「スマートU25」では、当日に限りネット予約ができる点は大きな違いと言えます。

スマートU25の詳細

名称スマートU25
対象年齢満12歳以上25歳以下
対象クラスエコノミー,プレミアムクラス
対象路線ANA国内線
購入方法搭乗する当日:
・ANAホームページ
・ANA国内線予約/案内センター
・ANA国内線空港カウンター
購入期限出発予定時刻20分前まで
マイル積算率50%
当日購入に必要なもの「生年月日確認登録」済みANAマイレージクラブカード

運賃比較:普通運賃vsスマートU25

スマートU25は「通常期運賃」と「ピーク期運賃」の2つがあります。

当日に空席がなければ利用できないスマートU25」を、ピーク時期のGWや夏休みといった時期に使うのはあまり現実的ではないので、ここでは通常期の料金について見ていきます。

主に、利用者の多い路線を抜粋して比較します。

区間(片道)大人普通運賃(円)スマートU25運賃(円)
東京→大阪30,40010,000(-67%)
東京→福岡39,20016,000(-59%)
東京→札幌36,20014,000(-61%)
東京→沖縄(那覇)43,30019,000(-56%)
大阪→福岡23,40010,000(-57%)
大阪→札幌44,40019,000(-57%)
大阪→沖縄(那覇)36,80014,000(-62%)
<今回比較した期間:2019年3月31日~10月26日>
  • 通常:2019年4月1日~2019年6月30日、2019年9月1日~2019年10月26日
  • ピーク:2019年3月31日、2019年7月1日~2019年8月31日

どの路線もだいたい50〜60%程度の割引率です

ここまで安く航空券が買えるというのは、格安航空券(LCC)並ではないでしょうか。

スマートU25を活用すれば、同じ距離を新幹線を使うより早く・安く移動することができますね。

当日であればネット予約ができる

購入のすることができるのは飛行機を利用する当日のみですが、当日は空港でなくてもネットから航空券の予約・購入ができます。

もちろん希望便に空席がある場合のみですが、ネット予約ができることで当日に空港で空席待ちをする必要なく利用できます。

マイル積算率は50%

スマートU25利用時のマイル獲得率は基本的に50%です。

ただし、ANA学生カードやANAワイドカードなどの積算率が高くなるオプションの付いたカードを持っている場合はこの限りではありません。

ちなみに、JAL「スカイメイト」のマイル積算率は75%で、ANA「スマートU25」の方が搭乗獲得マイル数は少ないです。

スマートU25の利用方法

空港

次に、実際にスマートU25の利用方法について解説していきます。

1.まだの人はANAマイレージ会員に入会

スマートU25の利用条件は「ANAマイレージ会員であること」です。

まだの人は入会しましょう。

ANAマイレージ会員には、入会金・年会費無料でネットから簡単に登録できます。

ANAマイレージクラブの種類と入会する手順を紹介「ANAマイレージクラブに入会する」と聞くと、 なにやら面倒な手続きをしなければいけないのでは?と思ってしまいますよね。 そ...

2.生年月日の登録

ANAのクレジットカードを持っている人は、カード作成時に生年月日の確認がとれているので当日簡単に手続き可能です。

しかし、それ以外のANAマイレージクラブカード(ANAプリペイドカード、ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカードを含む)を持っている人は、初回利用時には生年月日の登録をする必要があります。

初めて利用する際には、ANA国内線空港カウンターに生年月日を証明する公的書類、または学生証を持っていくことを忘れないようにしましょう。

事前に郵送での年齢登録もできます→【ANA:お客様情報登録について】

3.予約

自身のANAマイレージクラブカードが生年月日確認登録済みであればネットから予約しましょう。(まだの人は当日空港にて)

「ANAマイレージクラブお客様番号」と「パスワード」でログインし、空席照会・予約をしましょう。

●WEBから予約:ANAログイン

●ANA予約・案内センターから予約:0570-029-222(ナビダイヤル:有料)

[地域別お問い合わせ番号](24時間受付)
・東京 03-6741-8800
・大阪 06-7637-8800
・札幌 011-726-8800
・名古屋 052-586-8870
・福岡 092-752-8800
・沖縄 098-861-8800

ANA国内線予約・案内センター

支払いは搭乗の20分前までになっていますので購入はお早めに!

購入可能場所まとめ→

  • ANAウェブサイト
  • ANA国内線予約・案内センター
  • ANA国内線空港カウンター(自動チェックイン機含む)

4.飛行機に乗る!スキップサービス利用がおすすめ!

予約・購入が完了したらあとは乗るだけとなります。

当日はチェックインカウンターに足を運ばずに、直接保安検査場に行けるスキップサービスというものがあるのでおすすめです。

ANAマイレージクラブカード(QR、Edy、もしくはIC機能付き)を持っていれば、カードだけでで搭乗することができるので非常に便利です。

スマートU25のメリット・デメリットまとめ

?

メリット1:半額以下で飛行機に乗れる

第一のメリットはその割引率の高さです。

例えば、[東京=大阪]は通常運賃の67%引き片道10,000円です。

スマートU25を使った航空券の方が新幹線の料金よりも安いということに、どれほどの人が気づいているのでしょうか。

ほとんどいないでしょうね。

確かに、格安航空券(LCC)と比較すればANAの航空券は高いかもしれません。

しかし、ANAはLCCでは運行していない路線も運行しており、サービスの質も高水準です。

それに、ちゃんとANAマイルも貯まるので、安さだけが取り柄の格安航空券(LCC)とは比較できないほどのメリットがあります。

メリット2:当日ネット予約ができる

JAL「スカイメイト」と違い、当日であれば空港に行かずともネットから航空券の予約ができるのは大きなメリットです。

スマートU25の前提条件に「当日ならないと利用できるかどうか分からない」という点があります。

しかし、当日でも自宅でWEBから空席の確認と予約ができれば、空港に行ってから航空券を購入するという無駄な手間が省けますね。

デメリット1:マイルがたまりにくい

大幅な割引率で航空券を購入できる代わりに飛行機に乗ってもらえるマイルが通常より少ないです。

マイル積算率は通常の半分になる50%分のマイルとなっています。

ただし、50%となっているのは通常マイレージ会員が対象です。

ANAクレジットカードを持っている人や既に上級会員の方などは、そのカードオプションや会員ランク次第で100%マイルを獲得することができます。

つまり、飛行機によく乗る人であれば、ANAのクレジットカードは持っていた方が大量にマイルが貯まるので、よりスマートU25がお得になるといえます。

デメリット2:便ごとに座席数に上限あり

飛行機の便ごとにスマートU25で予約できる座席数には限りがあります。

そのため、いくら利用したい便の飛行機に空席があっても、スマートU25利用者の数が多すぎると予約できないこともあるでしょう。

場合によっては当日は早い者勝ちになる可能性もあるので、できるだけ早めにWEBで希望便の空席の確認と予約をするべきでしょう。

当日空港で航空券の購入もできるということになっていますが、利用時には必ずWEBから予約することをお勧めします。

まとめ

ANA【スマートU25】は、満12歳以上25歳以下が使える非常にお得な割引サービスです。

大幅な割引でも値段だけ見れば格安航空券(LCC)の方が安いチケットを売っているかもしれません。

しかし、LCCとANAの安全性・サービスの質・マイレージサービスの有無等を総合的に考えれば、ANAのチケットの方を利用した方がお得です。

JALにある同等のサービス【スカイメイト】とどちらがお得か?ではなく、座席の空席状況次第でANA・JALを使い分ければより選択肢が増えるでしょう。

学生でなくても25歳以下の人は利用できるサービスなので機会があればぜひご活用ください。

公式ページ[スマートU25]

 

JAL版「スマートU25」の制度↓

12歳〜25歳の人は航空券が60%OFFに!
JAL『スカイメイト』とは?12歳〜25歳の人なら航空券が60%OFFに!JALの提供するサービスに【スカイメイト】という、12〜25歳までを対象とした航空券を安く買える制度があります。 かつては22歳ま...

2019年から始まったANAのお得なサービス↓

ANA新サービス『トクたびマイル』が4月から登場!片道3,000マイルから国内旅行へ!ANAが先日新サービスを発表しました。 その名も『トクたびマイル』。 なんと片道たったの3,000マイルから国内航空券と交換...

2019年、ついにTポイントもソラチカルートが利用できるように⁈↓

TポイントをANAマイルに交換するルートを解説!JRキューポで交換率81%の高レートを実現
TポイントをANAマイルに交換するルートを解説!JRキューポで交換率81%の高レートを実現2019年3月25日より、『Tポイント』がJR九州のポイントプログラム『JRキューポ』に等価で交換できるようになりました。 今まで...