投資信託

投資信託の会社が破綻した時、預けていた資産はどうなるのか?

投資信託の会社が破綻した時、預けていた資産はどうなるのか?

投資信託は自分で株式や債券を運用をしない代わりに、他人(会社)に任せる投資方法です。

しかし、もしそれまで買い続けていた投資信託の会社が急に破綻したら、預けていた私たちの資産はどうなるでしょうか?

この記事では、投資信託のお金がどのように運用・管理され、保証されているのか解説していきます。

会社が破綻しても私たちの資産は守られる

市場の影響による損害ではなく、投資信託を扱っている会社が破綻しても私たちの資産は無くなったりしません。

これは、投資額に関わらず投資した資産は制度的に守られているからです。

そもそも、投資信託の会社と言っても実際には、投資信託というものは3つの金融機関で成り立っています。

  1. 販売会社
  2. 運用会社
  3. 信託銀行

この3つの機関が運用に携わっており、このいずれかが破綻したとしても私たちの資産は守られます。

販売会社

私たち投資家が投資信託を取引するときの窓口となる会社です。

私たちが投資するときには、一度この会社にお金を預ける形をとりますが、私たちの資産はこの会社を経由するだけで、実際は『信託銀行』が信託財産として管理します。

そのため、この会社が破綻しても私たちの資産には影響がないのです。

運用会社

私たち投資家から集めたお金を使って、実際に運用する会社です。

しかし、運用の指示をするだけで、私たちの資産を管理しているわけではないのです。

運用している時ですら信託銀行が管理しているので、この会社が破綻したとしても直接的な影響はありません。

信託銀行

私たちの預けたお金を実際に管理している会社です。

信託銀行は、法律によって信託銀行自体の財産とは別に、私たちの資産を管理することが義務づけられてます。

そのため、もし信託銀行が破綻してしまっても、私たちの資産は別で保管されているため損を被ることはないのです

世の中の怪しい『ファンド』には要注意!

世の中には、投資信託っぽい投資先というのは数多くあります。

「〜ファンド」と名前が付いていて、さも投資信託の一つかと思わされますが、実際には正規の投資信託のように制度的に守られたものではないことが大半です。

そう言った怪しいファンドは、最初のうちこそ気前よく「配当」を出して利益が出ているかのように見せます。

しかし、ある日突然投資していたものが0円になる、なんていう不思議な末路をたどることがあるので本当に恐ろしいです

本当の「投資信託」というものは、法律的にも私たちのお金が安全に管理・運用されるような仕組みがあるので怪しい話には要注意です。

もし、人から投資信託っぽい感じの怪しい投資話をされたら、それは本当に「投資信託」なのかはっきり聞くようにしましょう。

「利率がすごい、投資商品がすごい」という魅力的な面だけでなく、「そもそも、私たちの資産はちゃんと制度的に守られるのか」ということは、しっかり意識することが大切です。

まとめ

投資信託に関わる3つの会社

  1. 販売会社:投資信託の窓口
  2. 運用会社:資産運用の指示
  3. 信託銀行:お金を管理

私たちは販売会社で投資信託を選び取引しますが、預けたお金は最終的に「信託銀行」で管理されます。

そして信託銀行では、会社自身の資産とは別に投資家から集めた資産を管理しているので、破綻したとしても私たち投資家の資産がなくなることはありません。

また、信託銀行が顧客からの資産を分けて保管することは、法律で義務づけられているのでこれに例外はありません。

投資信託は、このようにしっかりとした制度のもとに資産の運用がされますが、銀行に預けるのと違い元本が保証されているわけではありません。

投資した商品や市場の動向次第では、利益が出ることもあれば損することもあるということはちゃんと理解して投資しましょう!

つみたてNISA運用パフォーマンス!月2万円から始める少額積立投資、開始から半年経過〜2019/4/12
つみたてNISA運用パフォーマンス!月2万円から始める少額積立投資、開始から半年経過〜2019/4/12僕は昨年の2018年11月よりつみたてNISAを始めています。 とはいえ、毎月の投資額は月2万円と少額なので、実際のところ『投資』...
お金 楽天銀行でスーパーVIPになる手順!月3000円の積立設定を解説します
楽天銀行でスーパーVIPになる手順!月3000円の積立設定を解説しますこの記事では、楽天銀行で月3,000円の投資信託を設定して、楽天銀行でスーパーVIPになる手順について詳しく解説しています。 私が...